2019年10月3日

TORAIZ SP-16 ファームウェア更新 ver. 1.60

 

平素は、Pioneer DJの製品をご愛用賜り厚く御礼申し上げます。

Pioneer DJ株式会社は、音楽プロデューサー向けサンプラーTORAIZ SP-16の新しい機能を含むファームウェア ver. 1.60 を2019年10月3日にリリースします。

今回のファームウェア ver. 1.60アップデートではFX2モジュール機能の追加と他の音楽制作機器との連携機能の強化により、今まで以上に多彩な音楽表現が可能になりました。

tsp-16 firmware update ver160
 
Play

新たに追加されたFX2モジュールは音源の更なる加工を可能にし、個性あふれるサウンドを生み出すことができます。また、本機を介したDAWソフトウェアと電子楽器の演奏情報・クロック信号の通信が可能になり、あらゆる音楽制作環境に柔軟に取り込むことができます。さらに本機の複数トラックに同じMIDIチャンネルを設定することも可能になり、複数トラックの音源をレイヤーした厚みのあるサウンドを外部MIDI入力によって簡単に演奏することができます。

  • 新規
    • サンプルトラックとスルートラックにおいて、FX1モジュールに加えてFX2モジュールを使用できるようになりました。
    • USB-B端子に入力されたMIDIメッセージをMIDI OUT/THRU端子から出力できるようになりました。
    • MIDI IN端子に入力されたMIDIメッセージをUSB-B端子から出力できるようになりました。
  • 改善
    • MIDI INチャンネル設定において、あるトラックに設定したMIDI CHを他のトラックにも設定できるようになりました。
    • MIDIによる同期や演奏の設定項目を改善しました。
    • ソフトウェアキーボードでアンダースコアを入力できるようになりました
更新情報をダウンロードする

更新情報

Top results

See all results

Didn’t find what you’re looking for? Maybe use fewer words or a more general search term.
If you still have no luck you can contact our customer service.