2018年5月22日

EDC Japan 2018 ハイライト

今年のEDC Japan 2018は世界トップクラスのDJ達がNXS2を使いこなしたDJセットで参加者全員の心を魅了し、豪雨にも拘わらず大盛り上がりで終了しました。

EDC Japan 2018への熱い想いを胸に集まったDJやクラバーの熱意は、はかりしれない豪雨に負ける事なくイベントは実施されました。5月12日、13日の2日間にわたり、 Steve Aoki、 Martin Garrix、 Above & Beyond、 Deadmau5、Gryffin、Illenium、 Dimitri Vegas & Like Mike、Diplo、 Don Diablo、 W&W、 Camelphat、 Chris Lake、 Kayzo、 Solardo、 NGHTMRE & Slander、 Party Favor、 YamatoやYousefなどの世界トップクラスのDJ達がショーを披露しました。


「終日、豪雨だったけど、長らくご無沙汰していたといっても過言ではない、クレイジーなエネルギーをファンのみんなで分かちあえたよ。」とMartin Garrix氏はご自身のInstagramでコメントし、Yousef氏は「日本のファンは雨に濡れながらも、幸せと喜びに満ち溢れて、ダンスしてくれて感動したよ。日本にはいつも感嘆させられるよ。」と、ご自身のInstagramで語りました。


Chis Lake氏とYamato氏は天候に恵まれ、太陽の光と共に輝く熱いDJを公開し、 Deadmau5氏は目が覚めるような美しいビジュアル満載のショーを披露しました。豪雨で気温が急激に下がった翌日は、悪天候に負けないDJをSolardo氏がCDJ-2000NXS2DJM-900NXS2で披露しました。


トップクラスのDJによるショー、フェイスペイント、花火、コスチュームに身を包んだダンサーの演出はEDCの象徴的な魅力であり、全ての感覚を満たす祭典です。

Showcase

Top results

See all results

Didn’t find what you’re looking for? Maybe use fewer words or a more general search term.
If you still have no luck you can contact our customer service.