すべてのソフトウェア

RMX-500: ソフトウェア&ファームウェア更新情報

ソフトウェア/ファームウェアダウンロードの前に、使用許諾契約書に同意ください。 ソフトウェア使用許諾契約書.

Firmware Update

  • RMX-500 firmware Mac
  • バージョン
    1.0.8
  • 更新日
    2014/02/13
  • 詳細

    ファームウェアシステムバージョンが Ver.1.08の場合は今回のアップデートは必要ございません。
    バージョンの確認方法及びアップデートの手順については、REMIX-STATION 500 取扱説明書をごらんください。

    ダウンロードしたファイル"RMX500FirmwareM***.zip"を解凍してください。解凍すると次のファイルがあわられます: RMX-500_Firmware_M_1.08.dmg

    Mac OS X 10.8以降をご利用のお客様へ
    Mac OS X 10.8(Mountain Lion)以降では、OSの使用によりセキュリティが強化されています。そのため、弊社ホームページからダウンロードしたドライバーソフトウェアやファームウェアをインストール、あるいはアンインストーラーを実行しようとすると、「"XXXXX"の開発元を確認できないため、開けません。」とメッセージが表示され、インストールやアンインストールができないことがあります。その場合は、以下の方法でファイルを開き、インストールやアンインストールを行ってください。

    1. Finderを開く
    2. ダウンロードしたdmgファイルをダブルクリックします。
    3. キーボードの[control]キーを押しながらpkgまたはappファイルをクリック(またはマウスを右クリック)し、表示されたメニューから[開く]を選択する。
    4. 表示された画面から[開く]を選択する。
    5. 表示された画面の指示に従い、インストールまたはアプリケーションの実行を進める。

Software Update

  • RMX-500 plugin Mac
  • バージョン
    1.0.2
  • 更新日
    2016/06/07
  • 詳細

    RMX-500 Plug-inは、プラグイン・ソフトウェアです。本ソフトウェアを使うためには、プラグイン(VST, Audio Units,RTAS)に対応したホストアプリケーション内でプラグインを起動する必要があります。 RMX-500 Plug-inを使うことで、楽曲制作用アプリケーション上でDJプレイと同じエフェクトを使用できます。 これにより本機をコンピューターに接続し、コントローラーとして使用することができ、各種機能をDJプレイ時と同じ感覚で、直感的に楽曲制作に使えます。

    最新のファームウェアをご使用ください。

    ダウンロードしたファイルを解凍し、取扱説明書をごらんください。

    Ver.1.0.2 変更内容
    [修正]
    • OS X El Capitanでプラグインを正常にインストールできない不具合を修正。

    最新のOS対応情報はこちら

    Mac OS X 10.8以降をご利用のお客様へ
    Mac OS X 10.8(Mountain Lion)以降では、OSの使用によりセキュリティが強化されています。 そのため、弊社ホームページからダウンロードしたドライバーソフトウェアやファームウェアをインストール、あるいはアンインストーラーを実行しようとすると、「"XXXXX"の開発元を確認できないため、開け ません。」とメッセージが表示され、インストールやアンインストールができないことがあります。 その場合は、以下の方法でファイルを開き、インストールやアンインストールを行ってください。

    1. Finderを開く
    2. キーボードの[control]キーを押しながらダウンロードしたファイルをクリック(またはマウスを右クリック)し、表示されたメニューから[開く]を選択する。
    3. 表示された画面から[開く]を選択する。.
    4. 表示された画面の指示に従い、インストールを進める。
  • RMX-500 plugin Windows
  • バージョン
    1.0.1
  • 更新日
    2016/06/07
  • 詳細

    RMX-500 Plug-inは、プラグイン・ソフトウェアです。本ソフトウェアを使うためには、プラグイン(VST, Audio Units,RTAS)に対応したホストアプリケーション内でプラグインを起動する必要があります。RMX-500 Plug-inを使うことで、楽曲制作用アプリケーション上でDJプレイと同じエフェクトを使用できます。これにより本機をコンピューターに接続し、コントローラーとして使用することができ、各種機能をDJプレイ時と同じ感覚で、直感的に楽曲制作に使えます。

    最新のファームウェアをご使用ください。

    ダウンロードしたファイルを解凍し、取扱説明書をごらんください。

    Ver.1.0.1 変更内容
    [修正]
    • Windows10でプラグインを正常に起動できない不具合を修正。

    最新のOS対応情報はこちら

Drivers

  • RMX-500 driver for Windows 10
  • バージョン
    1.010
  • 更新日
    2016/11/29
  • 詳細

    DRIVER FOR WINDOWS 10

    ドライバソフトウェアとは、コンピュータとRMX-500を接続するためのソフトウェアです。
    取扱説明書もあわせてダウンロードしていただき、ドライバソフトウェアのインストール前にご一読ください。

    ダウンロードしたファイル"RMX500***exe.zip"を解凍してください。解凍すると次のファイルがあわられます: RMX-500****.exe

    Windows PC 使用時にエラーが発生して音が出ない場合、こちらの手順で不具合が解消されます。

    Ver.1.010 掲載
    [修正]
    • 一部のWindows10にてDJアプリケーションがPioneer DJ製品を認識できない問題を修正しました。

    最新のOS対応情報はこちら

    Microsoft Windows 10 / 8.1 / 8 へのインストールについて

    お使いのWindows OSがWindows 8.1 もしくはWindows 7の場合は、DRIVER FOR WINDOWS 8.1 / 7を使用ください。

  • RMX-500 driver for Mac El Capitan or later
  • バージョン
    1.1.0
  • 更新日
    2016/10/04
  • 詳細

    DRIVER FOR MAC EL CAPITAN OR LATER

    ドライバソフトウェアとは、コンピュータとRMX-500を接続するためのソフトウェアです。
    取扱説明書もあわせてダウンロードしていただき、ドライバソフトウェアのインストール前にご一読ください。

    ダウンロードしたファイル"RMX500****dmg.zip"を解凍してください。解凍すると次のファイルがあわられます: RMX-500_M_****.dmg

    最新のOS対応情報はこちら

    macOS Mojave 10.14、macOS High Sierra 10.13にインストールする際の注意事項

    Open source notice (APSL) :
    このソフトウェアは、Apple Public Source License Version 2.0 ("APSL")でライセンスされたオープンソースソフトウェアを含んでいます。APSL適用ソフトウェアのソースコードはこちら(英文)で公開しています。
    This software includes open source software codes licensed under Apple Public Source License, Version 2.0 ("APSL"). The machine readable copy of the corresponding source code is available here.

  • RMX-500 driver for Mac Yosemite
  • バージョン
    1.0.0
  • 更新日
    2016/10/04
  • 詳細

    DRIVER FOR MAC YOSEMITE

    ドライバソフトウェアとは、コンピュータとRMX-500を接続するためのソフトウェアです。
    取扱説明書もあわせてダウンロードしていただき、ドライバソフトウェアのインストール前にご一読ください。

    ダウンロードしたファイル"RMX500****dmg.zip"を解凍してください。解凍すると次のファイルがあわられます: RMX-500_M_****.dmg

    最新のOS対応情報はこちら

    Open source notice:
    このソフトウェアは、Apple Public Source License Version 2.0 ("APSL")でライセンスされたオープンソースソフトウェアを含んでいます。APSL適用ソフトウェアのソースコードはこちら(英文)で公開しています。
    This software includes open source software codes licensed under Apple Public Source License, Version 2.0 ("APSL"). The machine readable copy of the corresponding source code is available here.

  • RMX-500 driver for Windows 8.1 / 7
  • バージョン
    1.000
  • 更新日
    2015/11/16
  • 詳細

    DRIVER FOR WINDOWS 8.1 / 7

    ドライバソフトウェアとは、コンピュータとRMX-500を接続するためのソフトウェアです。
    取扱説明書もあわせてダウンロードしていただき、ドライバソフトウェアのインストール前にご一読ください。

    ダウンロードしたファイル"RMX500***exe.zip"を解凍してください。解凍すると次のファイルがあわられます: RMX-500****.exe

    Windows PC 使用時にエラーが発生して音が出ない場合、こちらの手順で不具合が解消されます。

    Ver.1.000 掲載
    • 64-bit版のWindows 8.1 / 7に対応しました。

    最新のOS対応情報はこちら

    Microsoft Windows 10 / 8.1 / 8 へのインストールについて

チュートリアル/取扱説明書
全てのチュートリアル、取扱説明書を探す
ソフトウェア対応情報
お使いの製品のDJソフトウェア等のサポート情報をご覧いただけます。
修理や交換部品
お近くのサービス拠点情報をご覧いただけます。

Top results

See all results

Didn’t find what you’re looking for? Maybe use fewer words or a more general search term.
If you still have no luck you can contact our customer service.