RMX-500 シェア
  • Facebook
  • Google+
  • Pinterst
  • Email
  • Twitter

REMIX STATION

再生

Remix station

DJパフォーマンスから楽曲制作まで、直感的な操作で多彩な楽曲アレンジを実現

多彩で個性的なエフェクトをノブの回転だけでなく、押し込む動作でパラメーターを変化させ、より直感的で簡単に楽曲のアレンジが可能です。また、プラグイン(VST/AU/RTAS)対応に加え高品位なサウンドカードも内蔵していますので、ミニマルなシステムで直感的な楽曲制作をおこなえます。

主な機能

  • 音の追加やカットアップで新たなリズムをつくり出すRHYTHM FX

    Rhythm FX

    INSTRUMENT(音の追加)」と「AUDIO EFFECT(カットアップ)」の2つのエフェクト機能と、中心の大型ノブ“「PRESSURE」コントローラー”を操作することで、INSTRUMENT音源を追加したり、演奏中の楽曲をカットアップし、新しいリズムを作り出すことができます。「CUSTOMIZE SHIFT」機能を使えば、5種類のINSTRUMENT音源を各々6つのパターンから選ぶこともできます。また、「4-BEAT SEQUENCER」の「OVER DUB」機能により、エフェクトの操作順序を記録することで、オリジナルのリズムアレンジを可能にします。

  • 新たな楽曲展開を瞬時に作り出すSCENE FX

    Scene FX

    各エフェクトは「BUILD UP(音追加系)」と「BREAK DOWN(音カット系)」の2つに分類され、中心の大きなツマミを回すだけで、楽曲の盛り上がりをさらに強調したり、楽曲にブレイクをはさむなど、新たな楽曲展開を作り出すことができます。また、各エフェクトには多彩な変化をつけることができる2つのサブパラメーターがあり、オリジナリティのあるDJプレイが可能です。

  • 豊富なバリエーションを実現するCUSTOMISE SHIFT

    各ボタンにセットされているエフェクトの種類や音源、パターンを変更することができます。さまざまな種類のエフェクトを使用することができるので、楽曲アレンジの幅が広がります。

  • 楽曲展開に個性的な表現を与えるRELEASE FX

    「RELEASEFX」のレバーを倒すことで、楽曲の音を消してエフェクト音のみを出し、楽曲に新たなアクセントを追加したり、ミックス時の効果音として使うことができます。また、レバーを戻す際に全てのセクションのエフェクトをOFFにする機能を兼ねているので、エフェクトのかかった状態の楽曲から原曲に戻すパフォーマンスも可能です。

  • DJプレイと同じエフェクトを楽曲制作でも使用できるプラグイン対応

    楽曲制作用アプリケーション(VST/AU/RTASに対応)上で使用できるRMX-500 Plug-inにより、RMX-500使いやすいツマミとDJプレイで使い慣れたエフェクト効果を、DJプレイと同じ感覚で楽曲制作でも使用できます。

  • MIDI controller

    本機のほぼすべてのつまみやボタンの操作情報を、MIDI信号でDJソフトウェアやエフェクターなどの外部機器に送信し、本機と外部機器を同時にコントロールできる「フルアサイナブルMIDI」機能を搭載。

    ※電子楽器を連動して演奏するための業界規格。

Videos

Top results

See all results

Didn’t find what you’re looking for? Maybe use fewer words or a more general search term.
If you still have no luck you can contact our customer service